今年のテトはどこへも出かけず、家に引きこもっていただけあって
色々考えることが出来たのでまとめていきたいと思います。


 2018年はワコンチェ・Viecoiの飛躍の年にしたいなと。
何年か前に会社の「さくせん」を「いのちだいじに」から「ガンガンいこうぜ」に
転換したのですが、ガンガンいくというよりは「めいれいさせろ」寄りな方針だったので、
今年こそ ”イケイケ” の年にしたいと考えています。


その上で重要となるのは組織造りです。
IT事業は以前はオフショア開発の受託システム開発がメインサービスでしたが、
最近はラボサービス、求人自社サービスがメインとなってきています。


受託開発はお客様の仕様・ご要望に沿った開発が必要でしたが、
自社サービスではユーザー第一。 ユーザーにとってどんなUI/機能使いやすいのかが
一番重要になってきます。


といっても、プログラマー達は長年僕(お客様)の言うことに 従って
開発してればいいんだという姿勢が染み付いてしまっているため、
その意識を転換するのは容易ではありません。


そこで、機能について質問を受けると必ず、「How do you think?」と聞いて、
答えがわかっていても簡単には教えません。

お陰で意識は少しずつ自分で考えて意見をまとめ、
それを元に議論をすることができるようになってきました。


あと先日(1年以上前)のエントリーで「ビジョナリーな会社になる」
というような ことを書きましたが、これがあまり実践できていないため、
具体的に実行していきたいと思います。


ミッション自体の見直し

ワコンチェでは「ユニークで大胆な行動をし続ける」というミッションが ありますが、
全く浸透していないので変えちゃおうかなと。


 ●Misision
「Provide Platform to Enrich your life」
→人々の生活を豊かにするプラットフォームを提供すること。
ゆくゆくはGoogle、Facebookのような社会インフラまで昇華させたいです。

 ●Vision
「Make Innovative Service from Asia」(以前と変わらず)
→アジア発グローバルサービスを作る!

 あと、Valueという項目もあるようなので設定しました。

 ●Value
 「Exciting or not? 」
→新規サービスを考える上でも運用する上でも、自分自身が
「わくわくするか?」がとっても重要だということがわかってきたので、
これを常に意識して行動していけるように。


ミッションをどう浸透させていくか?

これには個人対応しかないかなと思っています。
ベトナムの会社の中では社員定着率が高めなワコンチェですが、
社員の目標・会社の目標のベクトルを合わせるにはそれぞれのスタッフが
どんな志向・夢を持って働いているのか知る必要があります。


社員にとって会社はスキルアップ・お金を稼ぐ通過点ではなく、
 ”夢を実現する場である” という認識を共有したいと思います。


まずは一人ひとり面談して僕がどんなことを実現したいのかを伝え、
各自がどんなことをやりたいのかを聞いていくのです。


 会社が社員にとってわくわくする場になれれば、
自然と良いサービスも生まれてくることでしょう。


ちゃんと定期的に状況を確認するのと、何より
事業をひとつひとつ成功させるコトが肝要ですので、
まずはViecoiをもっと磨いてユーザー数を伸ばしていきたいところです。


その他にも現在インフルエンサーマッチングアプリも準備中ですし、
不動産情報アプリも作りたいし、合コンアプリもios版できてるんで、
もっと改良してリリースしたいと思っています。



まとめます。
ガンガンいくための第一歩としての組織づくりですが、
白ひげ海賊団のような圧倒的なボスのいるファミリーというよりは、
バギー海賊団のような船長よりも優秀な構成員がたくさんいる精鋭集団
にしたいと思っています。

僕はメンバーのやる気を出させる道化師に徹します。
かしこ。


☆メール・スカイプでの無料コンサルティング実施中です。
ベトナム進出に関するご質問に何でもお応えします。
ITオフショア開発、CAD,画像加工,経理業務などのBPOラボサービスも提供中です。

べトナム人材紹介 べトナム会社設立支援 オフショアラボ開発

Yes,you can click. 
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ にほんブログ村 ベンチャーブログへ